top of page

運動と食事は○○の土台づくり

食べたものでカラダがつくられる!という考えを元にするなら、食事はカラダの土台をつくります。


土台とは、「土」であり土壌です。

樹木を太く大きく育てるには、何より土が大切ですよね。


水はけがよく、それでありながら水分を保持でき、微生物が多く、生態系ができている土は樹が丈夫に育つ土台となります。

そのため、栄養は少なすぎても多すぎても理想的とはいえません。














それでは、運動はどうでしょう?


動物は、お母さんのお腹にいるときからカラダを動かします。

胎動は、赤ちゃんが元気な証でもあります。


生まれてからも

寝返り、ハイハイ、お座り、歩く…などは、

成長評価の指標ともなっています。



成長が早い・遅いは抜きにして、

人は動くことで成長していくのです。


植物も、自分で移動することはないものの

上へ上へと伸びる性質を持っています。


本来、私たちのカラダが元気だと

様々なものに興味を持つように心も元気です。

そして、寝ているときもカラダを動かすことで自己修正します。



しかし、近年では

大人も子どももカラダを動かす機会が減り、

動くことが面倒!カラダが重い!疲れる!

そんな言葉も耳にします。



先ほどもお話ししたように

動けることは”元気”な証拠です。


私たちのカラダは、筋肉を動かすことで血液やリンパの流れを助けています。


人体の60%以上が水分です。

この水の流れが悪くなるとどうでしょう?


水は淀みます。


それこそが

カラダがだるい、カラダが重い原因なのです。



デスクワークや車での移動が多いなど

日常の活動量が少ない人ほど運動が必要になります。



さらに、一定の年齢段階を過ぎると大人になると

運動機能も筋肉量も柔軟性も低下していきます。


実際、現状をキープするということは、

定期的に筋肉に刺激を与え続けることでしか達成されません。



決して遅いということはありません!!

気付いたときが始めどき。

身体が何らかのサインを出してくれたときが始めどき。


一緒に運動習慣をつけ、それをキープしていきましょう。


運動は、元気の土台なのですから♡


Chihiro





















bottom of page