3684690_s.jpg

ライフステージWellness学

 ライフステージWellness学は、私たちが日常を幸せに過ごすための学問です。現在、『人生100年時代』といわれているように、この50年で科学と予防医学、医療の進歩により平均寿命を約10歳も延ばしてきました。その一方で、健康寿命と平均寿命の間には、約10歳の差があると言われています。ライフステージWellness学は、予防医学と連携を取り合ういながら、人々が健康の維持・増進を心がけるなかで、さらなる心身の調和と充足感を得る!ことを目的にした分野です。ライフステージWellness学で重視している『身体』『心理』『食事』の3つのカテゴリーは、生活の中で互いに絡み合う基本の構成領域であり、人間の発達段階をより円滑にし、可能性を引き出すとともに自己表現をすることで発展を遂げていくものです。

スクリーンショット 2020-11-28 15.34.56.png

01

LW 総論

ライフステージWellness​学総論では、健康を人生そのものとして考え、ハルバート・ダン博士が提唱した ”単に肉体的な健康だけを意味するのではなく『輝くように生き生きしている状態』”という、ウェルネスの考え方を完成させる実践かつ理論的な分野を取り扱います。

LW学を学ぶことで、心と身体の関係性、人と自然の摂理を深く理解し”新時代を生き抜くための知識」”と自己の癒しと成長を養うとともに、人生の​羅針盤として多角的視点・ホリスティック(総合的)を活用することが可能になります。

02

LW 身体学

ライフステージWellness身体学は、各年齢段階における身体の発達領域における健康の維持・増進の考え方と実践方法を学びます。

お一人お一人異なる、DNAに刻まれた体質や特性の分析とライフステージ(各年齢段階による正常的な変化)を肉体的、精神的、心理的、そして肉体を超えた存在として科学的かつ具体的に扱います。これは、筋肉や臓器や血液、神経系、そして、ホルモンといった3ボディを縦軸と各々の関係性で成り立つホリスティック(総合的)な分野です。

DNAストランド
調理材料

03

LW 食事学

ライフステージWellness食事学は、各年齢段階における心身の成長・発達に合わせた健康の維持・増進の考え方と実践法を学びます。食品の栄養素やカロリー、数値を活用する「西洋医学的な”知識”」と体質や自然環境、味覚などミクロとマクロの両方を重視した「東洋的な”知恵”」の2つを両輪とし、実生活に活用しやすいように、これらを「4つの領域」に分けて構成されています。

このように、食の領域に『LW 身体学』の持って生まれた体質や生活環境で変化する身体状況、『LW 心理学』の心の状態と食の関係性、そして、時代背景を基にしたパーソナルな食を追求、進化し続けるのがLW食事学です。

04

LW心理学

ライフステージWellnessss心理学は、インテグラル心理学をベースとし、スキーマ、アサーションなどの心理学を取り入れて構成されています。これは、LW学の核にある「心の自由」を目的とし、感情の取り扱い方、感覚の多様化、エネルギーの方向づけで、ご自身の本当の望みの方向へ向かうWell-beingを日常生活に反映させる基盤となる分野です。LW 心理学を学ぶことで、人間関係と共に自己関係のコミュニケーション法を習得できます。

カップル手をつなぐ
詳細・講座はこちら